交通事故の後遺症

一時的なケガだけではなく、後々にも症状が残る後遺症の不安があるのが交通事故です。後遺症は交通事故の被害に遭ってケガをした場合に治療を完了しても機能障害などの症状や傷痕が残ることを言います。交通事故の後遺症としてはケガは治ったものの身体に障害が残っている、治療が終わった後に残った症状、治療を続けたが感知せず、症状改善の見込みがないものなどがあります。医療機関で半年間治療しても症状の改善が見られないと、医師が症状固定と判断し、後遺症となります。その後後遺障害診断書が発行され、自賠責で後遺障害と認められると、後遺症に関する慰謝料の請求もすることができるようになります

後遺症交通事故の後遺症としてよく挙げられるのがむち打ちです。医療機関では頚椎捻挫、腰椎捻挫、外傷性頸部症候群と呼ばれています。めまいや頭痛、肩こりや吐き気、倦怠感などが主な症状です。この他にも精神の障害や関節の機能障害、上肢や下肢の機能障害などがあります。目に見える障害だけではなく、目に見えない障害もあることから、交通事故後はすぐに病院に行くことが大切ですし、万が一後遺症が残ってしまった場合は後遺障害として認定されることで今後の生活も大きく左右されます

交通事故の後遺症の中でも最も重いものとしてイメージすることができるのが植物状態ではないでしょうか。ある日突然、家族が交通事故に遭い植物状態になってしまったとします。周囲の悲しみは計り知れないものであり、この他にも後遺症として認められるのか、慰謝料の請求など様々な不安がつきまといます。そこでここでは交通事故で起こる障害の中でも最も重いと考えられる植物状態について説明させていただきます。